前世代と変わらぬ人気を誇る決済手段

アイウォレットはオンラインカジノに対応した送金サービスとして高い人気を集めています。
アイウォレットの特徴はもちろんのこと、ネッテラーの存在もまたアイウォレットの人気に寄与しているとも言われていますが、一体どのような意味なのか調べてみました。

ネッテラーとは?

ネッテラーとはかつて国内のオンラインカジノユーザーから絶大な支持を集めていた送金サービスです。
とあるタイミングで日本国内市場から撤退してしまったのですが、古参であればあるほど、かつてはネッテラーでお世話になっていたという人も多いことでしょう。

しかし現在、ネッテラーは日本市場から撤退し、それと入れ違いの形で登場したのがアイウォレットです。

アイウォレットとネッテラーの共通点

ネッテラーが撤退したことを受け、国内のオンラインカジノユーザーの間には衝撃が走りました。
それもそのはず、送金サービスが無ければオンラインカジノでどれだけ勝利したところで、利益を手にすることはできません。
裏を返せば、オンラインカジノで利益を手にすることができるのは送金サービスがあるからこそなのですが、その送金サービスが国内から撤退してしまったのです。

多くのユーザーが「もうオンラインカジノは終わりなのではないか」と考えたことでしょう。
しかし、アイウォレット等のおかげで、そのような心配もいつしか消え去っていました。
なぜなら、アイウォレットはネッテラーと似た特徴がある送金サービスだったからです。

アイウォレットとネッテラーの似ている部分

アイウォレットとネッテラーはいくつか共通した特徴があります。
まず一つ目に挙げられるのが日本語に対応している点です。

送金サービスは、多くが日本の物ではありませんので、日本語に対応している送金サービスの方が圧倒的に少ないです。
海外の言葉に堪能であれば、日本語に対応していない送金サービスでも良いでしょう。
しかし、日本語しか分からない数多くの日本人ユーザーにとって、日本語に対応していない送金サービスは、なかなか簡単には手を付けられないのではないでしょうか。

ネッテラーが人気を集めていた理由として、日本語に対応していたので日本人でも問題なく利用できた点が挙げられますが、アイウォレットも日本語に対応していますので、言葉の壁などありません。
ストレスなく、ましてや翻訳サービスを利用するでもなく、気軽に利用できる送金サービスとして人気を集めていました。

導入しているオンラインカジノの多さ

導入しているオンラインカジノが多い点もまた、ネッテラーとアイウォレットの共通点です。
送金サービスはどのオンラインカジノに対応しているのかによって価値が変わるといっても過言ではありません。
どれだけ手数料が安いなどのメリットがあるとしても、対応していないオンラインカジノでは送金サービスを活用することはできません。

そのため、送金サービスの選び方として手数料だけではなく、どのオンラインカジノに対応しているのかも挙げられます。
その点、ネッテラーにせよアイウォレットにせよ、多くのオンラインカジノに対応していますので、どのオンラインカジノを楽しんだとしても入出金に対応しています。

オンラインカジノは多々ありますので、楽しみ方も人それぞれです。
いつも同じオンラインカジノを楽しんでいるという人もいれば、毎回違うオンラインカジノを楽しんでいる人もいることでしょう。
楽しみ方が自由な点もオンラインカジノの魅力である点は変わらないのですが、送金サービスへの対応具合によっては選択肢から消えてしまうオンラインカジノもあります。
その点、ネッテラーやアイウォレットであれば、より多くのオンラインカジノで楽しめます。

デビットカードがある点も共通

ネッテラーはデビットカードを発行していました。
銀行やコンビニのATMからも出金が可能なデビットカードの存在は、国内のオンラインカジノユーザーから高い支持を集めていました。
アイウォレットもまた、デビットカードを発行しており、ネッテラーのデビットカード同様、銀行やコンビニのATMにて出金が可能です。

デビットカードがあれば送金サービスを介すことなくATMから出金することができますし、よりスピーディーな出金を可能にすると共に、自分が出金したいタイミングでの出金を可能にしてくれます。
アイウォレットの魅力としてデビットカードを挙げる人は珍しくありませんが、ネッテラーにも同様の機能があったのです。

まとめ

アイウォレットがなぜ人気なのかは、様々な理由がありますが「ネッテラーに似ている」点もまた、見逃せないのではないでしょうか。
オンラインカジノは送金サービスの存在がとても大きいだけに、幅広い支持を集めていたネッテラーに似た機能を持っているアイウォレットが高い人気を集めているのも、決して分からない話ではありません。
裏を返せば、ネッテラーを利用していたユーザーであれば、すんなりアイウォレットを受け入れられることでしょう。